名古屋巡礼記:65

吹上から荒畑を巡礼する/後編

とある街角で何気なく民家の庇の辺りを見ていると、
野良猫が朝日に向かって直立不動の姿勢を取っているところに出くわした。
太陽に向かって拝んでいるようでもあり、単なる日なたボッコをしているようでもあった。
カメラを向けても動こうとしなかった野良猫、当然写真に納めてやった。
早朝の巡礼にはこういうお駄賃みたいなことがあるからやめられない。
しばらく歩くと、突然地図にも載っていない寺に出くわした。
表札もなく、ココがどういうところかも判らなかったが、
とにかくお参りを済まして入口近くにいる4体の可愛い地蔵達を記念に撮ってやった。
西の方へと向かう。すると民家に挟まれた一角にピクンと緊張が走った。
小さな祠みたいなものがあった。「北山八幡社」としてある。
当然、地図にも載っていなかった。
e0041354_9231765.jpg
これがそのあと近づいた時の姿。
e0041354_9233834.jpg
地蔵のお顔がユーモラスだった。
e0041354_9235482.jpg
どう見ても屋根神様が降りてきた祠ではなかった。

雪見町から200m程西に行ったところ。やっと目的の郡道に出た。
思った通りの狭い道だ。
その「北山本町1」の交差点から南に100m行った辺りに赤印がしてある。
ということはココに屋根神様があったはずなので道沿いのそれらしい民家の2階を見て回る。
すぐに見つかった。古ぼけた家の2階の窓の横、
何かを剥ぎ取った跡が真新しくも艶かしくもクッキリとあった。
そう、これが名古屋オリジナルの屋根神様を取り払った跡だとすぐ判った。
まぁ、私みたいな部外者と屋根神様を祀っていたこの土地の人達とは
考え方が違ってもしょうがないんだが、残せるものなら残しておいて欲しかったんだな。
そうは言ってもなくなったものはしょうがない。
悔やんでみても始まらない。次へと向かう。
e0041354_9241594.jpg
今しがた取ったような真新しい跡だった。

ココまで来てやっと行程半ばという感じかな。
しばらく郡道を南下する。今では見ることも少なくなった2軒3軒と
くっ付いたいわゆる長屋形式で2階建の古そうな民家がソコカシコに残っている。
バーさん達が家の前を競って掃除している。これぞ日本という風景がココではまだあった。
ふと「ここら辺に確かM美の母校であるO学園があったはず」と思わぬことを思い出した。
地図で確かめると郡道から100mほど東に入ったところにあった。
その学園の南東角にも赤丸が記入してある。さっそくそっちの方へ向かった。
ここら辺は100%住宅街という感じで、これといった楽しみがあるようでないところ。
e0041354_9243170.jpg
車がすれ違えないほど狭かった。

黙々と歩きながらふと目にした、何でもない生活に疲れたような小道の向こうの方に、
「あそこ、何かあるんじゃないか」と予感めいたものがピンときた。
定かではないので一瞬迷ったが「これも一期一会」と自分を鼓舞して向かった。
近づくと民家の角を占領して小さな祠があった。
「屋根神様の成れの果てのお姿かな、そうに違いない」と思った。
ちょっと寄り道してしまったが、それはそれで楽しいものだ。
小桜町というシャレた名前の町にある教西寺という寺に向かった。
e0041354_9245263.jpg
近所の人から大切にされていると一目見て判った。

すぐにその寺は見つかった。思い描いていたような古刹からはほど遠い寺だった。
寺というより寺全体がマルッと幼稚園という感じ。ケバケバしいことこの上ない。
確かどこかで淡いピンク色の寺の門を見たことがあったが、ここはそれよりも凄い。
全景を入れた記念写真を撮って、近寄らないで次へと向かう。
次は教泉寺という寺だが、道の角にあるはずなのだが見つからない。
どうしちゃったのかなと一瞬訳を考えたみたものの、
そんなこと考えてもしょうがないのですぐやめた。
時々こういう不可思議なことが起きる。気を取り直してレイの学園角に向かった。
e0041354_925971.jpg
艶やかな朱色と緑と黄色、これだもんね。

学校の敷地に祠が祀られていた。綺麗に整備されそれもちゃんとした屋根付きで。
しかし、普段こういうものを見慣れた私は「何かが違う」と思った。
「守られてはいるけど、祀られてはいない」と思った。
教育機関である女子高の厭らしい一面を垣間見た気がした。
寄らぬ祟りは何とやらで、スゴスゴと引き上げてきた。
今回の巡礼も最後の1カ所になった。ここから西に行った郡道に最後の赤マルが。
しかし、近づいてみたものの、それらしいものは何もない。
今回の私の格言は「いつまでも、あると思うな。親と屋根神」これに尽きるな。
e0041354_9252727.jpg
下ろされた屋根神様は何か神通力がなくなったような気がした。

今回の巡礼はまた尻切れトンボのように呆気無く終わってしまった。
気がつくと脇の下には汗がたまり、動かない方の足はどことなく痛い感じがする。
「そんなことはいつものことじゃない」と思い直していた。
そして、重い足を引きずって地下鉄鶴舞線の「荒畑」駅へと向かった。
[PR]
by tomhana190 | 2006-04-29 09:28


<< 名古屋巡礼記:66 名古屋巡礼記:64 >>