リハビリ日記:101

誕生日の話2

3月24日はM美の誕生日だった。
と、いっても歳が歳だけに本人も派手な誕生日会は恥ずかしいのか
本人の希望で誕生日ケーキもない、いたって慎ましい誕生日会が行なわれた。
みんなが集ったのも(ちなみに、M美に私とT美が実家に)T美の都合で
本来の誕生日の前日である23日(何のコッチャ)だった。
夕食はM美のたっての希望でエビフライ(生っ粋の名古屋人だけのことはある)たらふくと
ザクザクキャベツのソースかけだけは食べたいと伝えてあったので
お母さんが用意していておいてくれた。
本日の主賓M美は自分の誕生日をみんなで祝ってくれて、
しかも大好物のエビフライがたらふく食べれたもんだから御満悦だった。
誕生日ケーキの代わりにアイスクリームが用意されていた。
お手製の誕生日カードを贈ってその日は終わった。
e0041354_964991.jpg

翌日(本来の誕生日)、T美は用事があって来れなかったものの、
T美がプレゼントしてくれたバラの花束を持って、また実家に行った。
夕食のあと、いつもの麻雀をした。
案の定というか、思惑通りにM美がぶっちぎりのトップだった。
この日も御満悦だった。
持ってきた花束をM美に贈呈して2日がかりの誕生日会も無事終了した。
私の病気以来、めっきり白髪が目につくようになったM美。
「これからも、苦労はなくならないけど元気に挫けず仲良くやっていこうね」
と、思わずにはいられなかった。
ちなみにM美、今度の誕生日で48歳になるとずっと思っていたみたい。
T美と一緒にプレゼントを買いに行く時、判ったみたい。
自分は今年、誕生日が来て47歳になることを。
「1歳、得したね、M美」
[PR]
by tomhana190 | 2006-04-01 09:08


<< 名古屋見聞録:26 リハビリ日記:99 >>