リハビリ日記:98

雛祭りの話

今年もM美の実家では恒例のお雛様の飾り付けが行なわれた。
3人の娘が30歳をとうに越えたというのにナントも有り難いことである。
私の家では女の子がいなかったので、お雛様といっても全然馴染みがない。
当然、雛壇もなく、雛飾りも1回もやったことがない家だった。
しかし、女の子がいるからやるというのではなく、
この歳になると、訳もなく日本古来から続いてきたものに
何故か憧れのような、華やいだものを感じる。
雛飾りの由来も、正式な飾り方も、そんなことは知らなければそれはそれでいい。
こうして雛壇の前で家族全員の記念写真を撮っていると、
自然に家族のことを思っている自分がいる。
また来年も、こうやって家族全員が揃って自家製のちらし寿司を食べながら
雛壇の前で記念写真を撮りながら笑顔に包まれていたいと思う。
あと何年、こうしていられるのかな。

e0041354_8483248.jpg
記念写真1:M美とお母さん。
e0041354_848546.jpg
記念写真2:M美とお父さん。
e0041354_8492127.jpg
記念写真3:雛飾りの前のM美。
[PR]
by tomhana190 | 2010-03-09 08:27


<< GOB備忘録:26 リハビリ日記:100 >>